コーナンeショップ

  • 高圧洗浄機
  • スチームクリーナー
  • バキュームクリーナー
目的から選ぶ
コーナン限定モデル
比較から選ぶ

本ページに記載の商品について

本ページに記載の商品は、在庫切れや販売終了のためページが削除されている場合がございます。
その場合、販売が出来かねますので予めご了承くださいませ。

目的から選ぶ

場所別

家庭用/アウトドアから探す

家庭用/インドアから探す

コーナンeショップでしか買えない

コーナンeショップ限定セット

コーナンだけで買える限定モデル
家庭用高圧洗浄機詳細をみる
コーナンだけで買える限定モデル

K2K
ユニバーサルエディション

水道圧の約40倍の圧力でパワフル洗浄ができるコーナン専用モデル「K2K ユニバーサルエディション」。 洗車や駐車場、外壁のお掃除にぴったりです!

詳細をみる
コーナンだけで買える限定モデル
家庭用高圧洗浄機詳細をみる
コーナンだけで買える限定モデル

K2
Follow Me K

ケルヒャー初!水道がない場所でも洗浄ができるタンク式高圧洗浄機です。2種類のノズルが付属しており、さまざまな場所が洗浄できるマルチタイプです!

詳細をみる
家庭用高圧洗浄機詳細をみる

K MINI

ケルヒャー史上最もコンパクトな高圧洗浄機「K MINI」軽量で持ち運びもラクラク。狭い場所でもしっかり洗浄できるので快適に掃除することができます。

詳細をみる
高圧洗浄機詳細をみる

K2サイレント

K2シリーズ最高の洗浄力で初めての静音モデル。パワフルなのに軽くて静かな高圧洗浄機です。付属品を本体背面にまとめて収納ができ、場所もとりません!

詳細をみる
家庭用高圧洗浄機詳細をみる

K2クラシック

初心者におすすめのケルヒャー家庭用高圧洗浄機です。女性にも扱いやすい軽量&コンパクトタイプで、1ジェットノズルがセットになった入門モデルです。

詳細をみる
家庭用高圧洗浄機詳細をみる

SC3EasyFix

待ち時間が35秒と簡単にすぐに使うことができる新しいスチームクリーナーです。洗剤が不要で99.99%除菌ができる環境にも優しい清掃ができます。

詳細をみる

機種はどれ?

比較から選ぶ

高圧洗浄機

高圧洗浄機を選ぶポイント

  • 1
    洗浄力で選ぶ

    洗浄力(衝撃圧力)は、水の圧力だけではなく、①圧力②水量③洗浄対象物までの距離(吐出距離)④高圧水が洗浄対象物にあたる角度(吐出角度)で構成されます。 圧力は高く、水量が多い機種を選ぶほど、洗浄力はあがり、高圧洗浄機の洗浄能力が高ければ高いほど、より早く、快適に、掃除することができます。

  • 2
    付属品ノズルで選ぶ

    標準装備品のノズルは3種類あります。ワンジェットノズル、バリオスプレーランスは、扇状に広がった状態で水が噴射され、網戸・外壁・車輌などあらゆる洗浄に最適。 サイクロンジェットノズルは、水流を高速で回転させながら噴射させ、広角ノズルの約80%増の威力があり、こびりついた汚れの洗浄に最適。

  • 3
    音で選ぶ

    ケルヒャ―の高圧洗浄機には静音タイプがあります。K2サイレントは吸音材採用やエアフロ―の改善により、またK3サイレント以上については、家庭用製品で世界初の水冷式モーターの搭載により、人が感じるノイズ音を50%削減。(弊社同クラス従来機比)隣近所に気兼ねなく、洗車、外壁、ベランダ等のお掃除が楽しくできます。

比較表

スチームクリーナー

スチームクリーナーを
選ぶポイント

  • 1
    フォルムで選ぶ

    スチームクリーナーにはコンパクトタイプやスチームモップタイプ、キャニスタータイプなど様々なフォルムのタイプがあります。
    毎日のちょっとした汚れにはコンパクトタイプ、家中の床のディープクリーニングに便利なスチームモップタイプ、家中をシッカリお掃除したい方に便利なキャニスタータイプなど、使用箇所、使用頻度、収納性もフォルムにより異なります。

  • 2
    ヒートアップ時間と
    使用時間で選ぶ

    水を入れてからスチームがでて使用できるまで、加熱時間(ヒートアップ時間)が必要となり、早いものは約30秒から、時間のかかるものは6分と機種によって時間差があります。使用できる時間についても、短いもので6分から、長いものでは給水をすれば連続使用ができる機種(定格使用時間2時間)もあり様々です。清掃したい箇所、使用したい時間で、機種を選ぶのも一つの方法です。

  • 3
    付属品で選ぶ

    換気扇フードや衣類のしわ伸ばしに最適なハンドブラシ、お風呂やコンロ等の清掃に最適なブラシ、フローリングや畳等の清掃に最適なフロアノズルなど様々なアクセサリーがありますが、機種によって標準装備されているものもが異なります。使用シーンに合わせてお勧め商品も変わりますので、標準装備品は必ずチェックしてください。

比較表

バキュームクリーナー

バキュームクリーナーを
選ぶポイント

  • 1
    吸込仕事率で選ぶ

    吸込仕事率とは、JIS規格に定められている掃除機の吸引力を表す目安として利用されている値で、数値は大きいほど、吸引力が優れることになります。細かなゴミやホコリはもちろん、砂などの重たいもの、車内の隙間、絨毯等の清掃等では、吸込仕事率の大きい方が性能が高く、効率良くお掃除ができます。

  • 2
    コンテナ容量で選ぶ

    コンテナ容量・汚水回収量が多ければ多いほど大量のゴミを一度に溜めることができますので、ゴミや汚水を捨てる回数を減らすことができます。室内から室外まで、幅広いシーンで様々な場所で活用しますので、コンテナ容量や汚水回収量で選ぶのも一つの方法です。

比較表