レシピvol25  ベンチをつくる

title_1_d


今回のDIYラボは特別編! お客様リクエストにお応えしてベンチの作り方です。
カットさえ済めば組立は簡単!二人以上いればすぐに完成しますよ〜♪

材料・工具

材料

gazo_1_d

・2×4材 8F 5本
・2×6材 6F 2本
スリムビス 3.8×65 350本入り 80本

工具

電動ドリルドライバ 



item

準備

gazo_2_d
図のように2×4材と2×6材をカットします。
木材カットサービスを利用すれば簡単で運搬しやすくなります。
※1カットの料金はご利用の店舗にてご確認ください。
※Eショップでは8フィートの取り扱いがございません。ご了承くださいませ。


gazo_2_d

今回、コーナン堺高須店のDIYラボ(工作スペース)を利用しました。
木材カットサービスのある店舗でカットしてもらっても!


recipe

スタート

gazo_3_d工程1
脚部分から組み立てます。

gazo_4_d脚に下側の補強板を取り付けます。
位置は地面から2×4材の厚み分上にします。
※2×4の端材を残しておいて利用してください。

gazo_5_d位置が決まったら4か所ビス止めします。左右ともできたら立てます。
補強板が内側に来るようにします。2×4の端材を挟んで安定させます。

gazo_6_d工程2
左右の足をつなぐ補強板を渡します。

gazo_7_dちょうど真ん中にくるように取り付けます。背板を利用して左右の位置合わせをしてください。
脚からはみ出ないようにぴったり合わせ左右2か所ビス止めします。

gazo_8_d工程3
脚の上側の補強板を取り付けます。立てて作業しましょう。

gazo_9_d先に脚部分を四角に作ってしまうと、長い補強板を止める作業がしにくいので注意してください。
反対側もひっくり返して同様に作業します。

gazo_10_d脚部分が完成しました。

gazo_11_d工程4
背板の受け部分を組み立てます。
少し傾けて止めることでもたれやすくします。
@手前の角を地面につけます。
A前側は長い補強板にあたるように
B後ろ側は脚部分の後ろの角に合わせます。

gazo_12_d場所が決まったら下側の補強板と4か所、上側の補強板と4か所ビス止めします。

gazo_13_d反対側も同様にビス止めします。
左右の背板の受けが完成しました。

gazo_14_d工程5
背板を止めていきます。
背板の受けの上端に合わせて背板を止めます。
左右の出が同じ長さになるようにします。

gazo_15_d真ん中の背板の位置を決めます。
2×4の端材を挟んで、隙間が水平になるようにします。

gazo_16_d同じく3枚目の背板もとめます。
ビス止めは1枚につき4か所ずつ止めます。

gazo_17_d工程6
座面を止めていきます。
背板の出幅と同じになるように位置を決めます。

gazo_18_d一番手前の座面は脚より1cm程度前に出します。

gazo_19_d2枚目以降は1cm〜1.2cm程度の板をはさんですき間を均一にします。
座面を4枚ビス止めします。

gazo_20_d工程7
完成しました〜!

付録:位置合わせのコツ

gazo_4_d
今回のベンチは大きいので、複数人数で作業したほうが良いのですが、
2×4の端材を利用して仮の支えにしたり、隙間の位置を決めるときに使ったり、
左右の足をそろえるのに使ったりしました。

gazo_19_dおかげで、組立時にメジャーで測ったりということも最小限に済ませることができ、
作業効率も良くなったと思います。
組立時間は二人で1時間もあればできると思います!

くつろぎタイム

今回の「ベンチを作る」はいかがでしたか?
費用は約5000円ほどでできました。電動ドリルがあればビス打ちもカンタンです。
幅が120cm 奥行約80cm 約高さ80cmの仕上がりとなっております。
大型なので、組立は設置予定場所で行いましょう!
屋外使用時のペイント編はまた別途お届けしたいと思います。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

labo0025_end


recipe

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品