レシピvol.14ティッシュケース

title


今回の「DIYラボ」はティッシュケースを手作りします。
下穴なしで釘で仕上げるので出来上がりが早いです!

材料・工具

材料

カット合板 約450mm×900mm×12mm 1枚
スクリュー釘 25ミリ 12本
両面テープ(仮止め用) 適宜

工具

gazo_2

電動ドリル 
6ミリビット 
ジグソー 
曲線刃(ジグソー) 
金槌 
クランプ 
カッター 
差し金 


参考☆

アンティークワックス チューダーオーク 
ミルクペイント スノーホワイト 
コーナンオリジナル ウエス 500g 
刷毛 
ポリエチレン手袋M 
和信 水性ニス 300ml ケヤキ 


item

準備

gazo_1@
木材を切って準備します。
1.側面(短い) W12×H10cm ×2枚
2.側面(長い) W26×H10cm ×2枚
3.底板 W23.6×H12cm ×1枚
4.天板 W23×H11.5cm ×1枚

A
テンプレートをダウンロードして、ティッシュの取り出し口の型紙を切ります。
※A4サイズで印刷するとレシピと同じ大きさになります♪
型紙はラミネートするか少し厚めの紙に印刷すると作業しやすいです。


gazo_2_d

今回、コーナン堺店のDIYラボ(工作スペース)を利用しました。
木材カットサービスのある店舗でカットしてもらっても!


recipe

スタート

gazo_3工程1
上の板に印をつけます。 
テンプレートを印刷して利用するか、ボックスティッシュの箱の取り出し口を
トレースしても簡単ですね。

gazo_4工程2
穴をあけていきます。

gazo_5捨て板と一緒に四隅にドリルで穴をあけます。

gazo_6穴が4つ空きました。

gazo_7穴と穴の間をジグソーでつなぎます
※歪んでももう一度ジグソーできれいにしましょう。

gazo_8サンドペーパーをかけて滑らかにしておきます。ここは念入りに!!

gazo_9工程3
本体を組立てます。

gazo_11底板の4辺に両面テープを貼ります。

gazo_10※板の厚みよりテープがはみ出る場合はカッターナイフでカットしておきます。

gazo_12テープをはがして側面の板を立てていきます。

gazo_13仮組みができました。

gazo_15工程4
スクリュー釘をハンマーで打ち込みます。
曲がらないようにペンチで押さえると、けがの心配もありません!
最初はペンチの根元部分ではさんで、徐々に先端部分に移動します。

gazo_14くぎを打つ部分はここです。

gazo_16組み上がりました。

gazo_17ティッシュが減るとふたも沈みます

gazo_18工程5
最後に好みの色に塗装して完成です。
右側はアンティークワックスを塗って、フタ部分はミルクペイントでリバーシブルに仕上げました。
左側は水性ニスで仕上げました。
ペイントが乾いたら、ステンシルや転写シートでお好きにデコレーションしてください。

付録:アンティークワックスと水性ニス

gazo_20
今回はアンティークワックスと水性ニスを使用しました。
アンティークワックスは、ウエス(またはいらない布)などでワックスを塗りこんでいきます。
木目を生かした仕上がりで、少々のムラも味になります。

gazo_19水性ニスは木目に沿って塗るといいですよ。
また重ね塗りするとより深い色になりますので、いろいろ試してみてくださいね。

くつろぎタイム

今回のティッシュケースはいかがでしたか?

サイズが大きめなので、ソフトパックティッシュもボックスティッシュも使用できます。
フタも木製なので適度に重さがあり、ティッシュをしっかり押さえてくれます。
中身が減ってもフタも一緒に沈んでいくので、とりにくくなりません。

深さがあるので、たくさんセットしておけば、取り換えの手間も省けるかも?
たくさん作ってリビングだけでなく、キッチンペーパー入れとして使っても
いいですね!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

labo0014_end


recipe

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品