防虫剤特集

防虫剤特集

防虫剤・除湿剤の選び方

防虫剤企画

衣替えの必需品といえば、防虫剤!防虫剤といっても、無臭タイプから人気の香り付きまで色々な種類がありますよね。

・・・中には併用すると危険な薬剤も。衣替えを始める前にチェックしてみてください。

防虫剤を効果的に使用するポイント

まずは防虫剤を効果的に使用するポイントをご紹介します。

ポイント1 防虫剤は適切な場所に置こう
防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がります。
「引出し・衣装ケース用」は衣類の上に、
「洋服ダンス用」はパイプの真ん中に、
「クローゼット用」は等間隔にかけると効果的!また、「密封する」ことも大事なポイントです。

ポイント2 衣類は詰めすぎないで!
やってしまいがちな詰めこみ。防虫成分が十分行き渡らずに効果も半減!8分目くらい、余裕を持たせて収納しましょう。

ポイント3 衣類は洗濯してから防虫しよう
ムシやカビは食べこぼしのシミや汚れも大好き。汚れをしっかり落としてから収納しましょう。収納場所も、ムシの生息するホコリ等を取り除けば完璧です!

ポイント4 防虫剤と除湿剤を一緒に使いましょう!
防虫剤と除湿剤を併用すると効果的!カビの原因である湿気をとれば、衣類をより安心して保管できます。

ポイント5 防虫剤の個数は守って収納しよう
防虫剤の成分が効果を発揮する個数は決まっていますので、適切な数を使用するようにしてください。

衣装ケースや引出しに衣類を立てて収納すると、次回の衣替えで見やすくおすすめです!
衣装ケースを縦向きに立てて衣類を重ねていくと、キレイに収まって気持ちがいいですよ♪

クリーニングから戻ってきた衣類、どうしていますか?
キレイになったし、そのまま収納したいところですが・・・ちょっと待って!
スチームアイロンなどの湿気を含んでいることがあるので、ビニール袋を外して風にあてて湿気をとりましょう。


防虫剤の種類を比較しよう!

防虫剤の成分の種類は4つあります。併用すると危険な成分もありますので注意が必要です。
それぞれの衣類に合わせた防虫剤を選びましょう!
無臭性タイプの「ピレスロイド系」はどの成分とも併用可能です。

ピレスロイド

ピレスロイド系(エムペントリン、フェノトリン、アレスリン等)
ニオイをつけずにしっかり防虫。最近では香りのついた防虫剤もあります。
・無臭性タイプ。防虫剤のニオイが気になる方、毎日着る衣類におすすめ。
・効き目は約6〜12ヶ月
他の成分の防虫剤とも併用可。
・真ちゅうなどのボタンは避けた方がよい。


パラジクロルベンゼン

パラジクロルベンゼン
効き目が早く、ニオイも早くとる。
・有臭性タイプ。効き目が早いので、ウールや絹など虫のつきやすい衣類に。
・効き目は約4〜6ヶ月
・ナフタリン、しょうのうとの併用不可。


ナフタリン

ナフタリン
効き目が長持ち!ゆっくり持続します。
・有臭性タイプ。効き目が長いので、出し入れの少ないフォーマルウェアや雛人形に。
・効き目は約5〜12ヶ月
・パラジクロルベンゼン、しょうのうとの併用不可。


しょうのう

しょうのう
自然の穏やかな香りで防虫♪
・有臭性タイプ。香りがよく、ウールや着物などの絹製品におすすめ。
・効き目は約5〜6ヶ月
・パラジクロルベンゼン、ナフタリンとの併用不可。




クローゼット用 クローゼット用 をもっと見る> 引出し・衣装ケース用 引出し・衣装ケース用をもっと見る> 洋服ダンス用 洋服ダンス用をもっと見る> 和服・人形用 衣料用防虫剤 除湿剤 除湿剤をもっと見る> 防ダニ その他 その他商品をもっと見る>
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品