レシピvol.08 長ネジラック

長ネジラック

材料・工具

材料

コンパネ 100mm×200mm ×3
長ネジ M5×285mm ×4
フランジナット M5 ×12
つめ付ナット M5 ×4

工具など

電動ドリル
クランプ
木工用ドリル ビット5mm
木工用ドリル ビット7mm
ハンマー
差し金

参考

水性多用途スプレー
アンティークワックス
・不要なタオル(ワックスを塗る時に使用)

準備

eショップ取扱商品「合板」をご購入の場合は、事前に100mm×200mmのサイズに3つカットしておいてください。のこぎり丸鋸でカットできますが、おすすめは丸鋸です。

準備

スタート

行程1 1. まず、天板とする1の板にのみ4ヶ所穴あけの墨付けをします。

行程2 2. 墨付け位置は右記のとおりです。

行程3 3. 墨付けした天板@を1番上にABの順に3枚重ねて、一気に4か所5mmの穴をあけます。
※この時に1番下に捨て板をはさむと裏面の木割れを防ぐことができます。
捨て板については付録@で詳しくチェック!

行程4 4. 次にBの底板につめ付ナットをはめ込むのに必要な7mmの穴をあけます。
7mmのドリルに付け替えて先にあけた5mmの穴をなぞるように拡大します。
※ここでも捨て板は忘れず使用しましょう。

行程5 5. 底板の7mmの下穴に裏側からつめ付ナットハンマーで打ち込みます。

行程6 6. いよいよ組み立てです!
まず、長ネジ4本にフランジナットを各2個ずつ(計8個)下からはめます。
そしてそれぞれの長ネジを底板Bにねじ込みます。

行程7 7. 次に真ん中に来るAの棚板を入れます。高さはナットで自由に調整して下さい。
※棚板が入りにくい時は少し穴を大きくしてみましょう。
ポイント!
板をできるだけ水平に入れます。
入りにくい時は、板が傷つかないよう不要な木材をあてた上から、ハンマーで少しずつ叩いて水平に入れてください。


行程8 8. 上段に残りのフランジナット4個と@の天板を取り付けて完成!

付録@:捨て板を使おう!

レシピ4「木製コースター」にも出てきた『捨て板』。
とっても重要ですので、改めて確認しましょう。


「捨て板」とは、板の端材など、穴をあけたい場所の裏側に置いて、一緒に穴をあけてしまう板のことです。
名前の通り、作品には使わない捨ててしまう板ですが、捨て板を置いて穴をあけないと、貫通時に穴の周囲の板が割れたりささくれたりしてしまいます。


今回、3・4で捨て板を使用したあと、作品と捨て板を裏返してみると…
作品はキレイな穴が、捨て板は4か所とも見事にひび割れが生じていました!
やっぱり「捨て板」は重要です。ぜひ試してみて下さい。


捨て板

くつろぎタイム

第8回「長ネジラック」の作り方、いかがでしたでしょうか?


ポイントは 真っすぐ穴あけをあけること。
そこをクリアすれば、あとは「ネジ」と「ナット」を使って組み立てれば完成です。


見た目は難しそうだけど、これまでの経験から考えるとできそう??
この夏、チャレンジしてみてはいかがでしょ。


今回はアンティーク調のイメージで、長ネジを「水性スプレー」でブラックに、板を「アンティークワックス ウォルナット」で茶色に染めてみました☆
ちょっとしたペイントでガラリと雰囲気が変わるので、作ってて本当に楽しいです。


さて、次回は何を作りましょう?
どうぞお楽しみに♪♪


本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました(*^^*)

長ネジラック

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品