レシピvol.01 セメントプランター

セメントプランター

材料・工具

材料

30分速乾セメント 350g
・水 約100g
プラカップ ×2
プラカップ 一回り小さいもの ×1
割りばし (混ぜる用) ×1

工具

スケール
ペンチ
ニッパー
電動ドリル(必要に応じて)

準備

準備 ・セメント350gを大きい方のプラカップ2つに、半分ずつ入れます。
・水90g〜110gを一回り小さいカップに入れます。(水の量は時期によって変動します)

スタート

行程1 1. 半分のセメントをカップの片側に寄せ、底が見えるくらいまで空きスペースを作ります。

行程2 2. 空けたところに、7割の水を注ぎます。

行程3 3. 全体を割りばしでよくかき混ぜます。特に底の部分をしっかりと!

行程4 4. 底の部分までしっかり混ざったら、残り半分のセメントと水を加えます。

行程5 5. 底からしっかりぐるぐるかき混ぜます。
ここからセメントの硬化が進むので、手早く進めます!

行程6 6. 混ざったら、水を入れていた一回り小さいカップをぐりぐり押し込みます。(底まで押し込み過ぎないように!)

行程7 7. 速乾セメントなので、30分くらい固まるまで放置。

行程8 8. 固まったらペンチなどで内側のカップを剥がします。
挟んでまわすようにすると取りやすい!

行程9 9. ニッパーなどで外側カップの端に切り込みを入れます。

行程10 10. バナナの皮を剥くイメージで剥がしていきます。この時、指を切ったりしないように注意して下さい。

行程11 11. 用途にあわせて、底面に電動ドリルで穴をあけて完成♪

くつろぎタイム

第1回「セメントプランター」の作り方、いかがでしたでしょうか?
DIYって面白そう!!ちょっと気になる!!と思っていただけたら、とてもうれしいです。


ただ今、第2回も公開準備中です。
どうぞお楽しみに♪♪


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました(*^^*)


付録@:多肉植物の育て方

土を入れる目安 あまり水のいらない植物だと思われがちですが、水は大好きです。ただ、水が少ない場所でも生きていける工夫がなされているのです。

多肉植物は元来、富士山より高いところで育っているので、乾燥して涼しい所が好き♪ 寒さは氷まで大丈夫♪

どうしても室内で鑑賞したい方は・・
2日間室内で、1週間は外で!(外は断然風通し良いからです)

土を入れる目安

土を入れる目安 土を入れる目安は5cmが最適!
土は鉢いっぱいに入れると、風通しが悪くなります。
※軽石は必ず小粒

水のやり方

・春週1〜2回、鉢底の穴から溢れるくらい水をあげましょう。少しずつ毎日はNGです。
・夏春に比べて、いくぶん回数を減らします。梅雨明け後は日中の水やりはNGです。
・秋たっぷりとあたえますが、11月に入ると冬の準備として回数を減らします。この時期からは成長よりも、冬に備えて組織の充実をはかるようにしましょう。
・冬基本的に必要ありません。植物内の体液を濃くしてあげることで、耐寒性を高めることができます。

管理のポイント

・春&秋春直射日光の下で日光浴をさせてあげましょう。急に日向に出すと、日焼けしてかさぶたができるので注意。
・夏日陰で、できれば雨水のかかりにくい軒下が◎暑さと蒸れから守りましょう。
・冬なるべく日光浴をさせましょう。
※近年寒波が非常に多いです。その際は屋内に取り込んで、霜による凍傷から守ってあげましょう。

付録A:セメントのアルカリ性を中和する

ミョウバン1. ミョウバンを使用して中和します。まず、1%の濃度でミョウバン水を作りましょう。(水100mlに対しミョウバン1gです)

2. ミョウバン水ができたらその中にセメントプランターをどぽーんと入れて、1週間放置します。

3. 乾燥すればできあがりです。

セメントのPHが気になる方は参考にチャレンジしてみて下さい。

PHとは?

イメージ酸性かアルカリ性かを示す指標で、1〜14の数値で表します。
「7」が中性で、数値が小さくなるほど酸性が強いことを示し、逆に大きくなるほどアルカリ性が強い事を示します。
多くの植物に適するPHは5.5〜6.5くらいと言われています。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品